忍者ブログ

ケミカルライツ

拙作の記録です///旅立ちを見送る精子たちの歌 ケミカルライツ揺れて蛍原

2017'06.24.Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009'02.09.Mon
先週のぷち短「表と裏」では、一首も作れませんでした;
「う、うーん…メビウス…クライン…う、うーん…」
と、唸った一週間でした。結局そこから膨らませられなかった。

来週は「化粧」かー。女性のは勿論、これは男性の歌が面白そうで楽しみ。


昨日の日記の続きですが、読みましたセカチュー。
先入観があるので好意的な読み方はできなかったけど、
そう酷評される程でも無いような…。
売れたのがある意味不幸だったのかな。
PR
2009'02.08.Sun
学校が休みになったので積み本を消化しています。

インプットとアウトプットが時期別に分かると、後で振り返った時に面白いかな~と思って、
メモ代わりにこのブログに簡単な感想書こうと思ったんですが、
先日読んだ「好き好き大好き超愛してる」(舞城王太郎)で困った。

これは恐らくセカチューを意識した作品なのですが、
本を読む速度も頻度も低い私は、話題になれどamazonとかで評価が低い本はあまり読まないのです。
リアル鬼ごっことか恋空とかもも読んでません。

が、セカチューについてはあらすじ程度の知識しか無い私も、
この作品が明らかにセカチューを意識してる事は分かる訳で…

小説はあくまで娯楽品な訳ですから、必要に駆られて読むのはさみしいと思うんですが、
有名な本・知識っていうのは教養なんだなと身に沁みた夜でありました。


そういえば、以前こんな歌を作りましたが、「ニューロマンサ-」も「2001年宇宙の旅」も未読です。「2001年宇宙の旅」の映画を観ただけです;(笑)
翻訳ものが苦手なので、ほとんど読んでません。
ブラッドベリも読んでない。クリスティも読んでない。
この辺は国内ものでもパロディが多いので、絶対に見逃してる意味とか仕掛けとかあるんだろうなー

でも、子供のとき主に読んでいたのは翻訳ものでした。図書室に置いてある児童書って海外のものが多かった。
最近の国内ジュブナイルって、表紙が漫画の絵だったりして、ライトノベル化してる様に思うんですが(中身読んでないけど)
最近は一般文芸もライトノベル(キャラクター小説)的なの多いですよね
…と考えて、ライトノベルは「スレイヤーズ」「キノの旅」2,3冊「涼宮ハルヒの憂鬱」2,3冊ぐらいしか読んでない事に気付きました。最低限すぎる!

結論としては、読む内容というよりも、物を語るには読書量が少なすぎるって事ですね。ふ、不甲斐ない。速読マスターしたいなぁ
2009'01.30.Fri
うたのわに投稿した歌をexcelにつっこんで数えてみたら、80首ありました
そんなに詠んだかー

お気に入りで自信満々に投稿したら拍手がさっぱりだったり、
逆にさらっと詠んだ歌が思ったより拍手頂いたり、
ど素人の私の短歌にも、読んで反応をくれる人&場があるというのはほんとに有難い事ですねぇ

明後日の2月1日は2週間ぶりの夜ぷち放送日、題詠blog2009の投稿開始なので楽しみです。
夜ぷちはいつもより猶予があるので沢山投稿しようと思ったら、新しい歌+過去の歌の2首しか投稿できませんでした。自分の題詠下手に改めて驚愕すると共に膨れ上がる題詠blog2009参加への不安(笑)

2009'01.09.Fri
期末試験シーズンですね
やばいです

試験より、ゼミがやばいです もうエクセル見たくない


音楽は詳しくないんですが、朝のニュースのオリコンランキング見てたら ハイファイ新書(相対性理論)気になった。
スピッツcharaフジファブリック好きな私にど真ん中な気がする
2009'01.06.Tue
うたのわに登録してみました。pixivの短歌版みたいなサービスですね。縦書きにしてくれるところがステキ。
見ているだけでも数時間は軽く飛ぶ楽しさですが、投稿はもう、もうね。マイページ見て、ニヤニヤが止まらない。

誰かが本当に拙作を見て、クリックする労力を払ってくれたんだなぁ!と思うとほんとにありがたいです。うれしい!楽しい!大好き!(c)ドリカム

最近作った短歌で使えるもの(記号がないもの)+12月のストックで、連日5首ずつ投稿していますが、早くも底が見えてきたぞお。せめてカッコ類は使いたい…。
 HOME 
プロフィール
HN:
志慧
性別:
女性
職業:
学生→就職しました
最新コメント
[03/09 さくら♪]
[02/25 鳥羽省三]
[01/31 燕]
[01/31 燕]
[01/28 鹿男]
 

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]